よくあるご質問(FAQ)-(株)全福サービス

よくあるご質問(FAQ)

(株)全福サービス

共通事項

Q1 全福サービスの事務所は東京のみで支店等がありませんが、事故の対応は大丈夫でしょうか。
A1 東京海上日動安心110番(事故受付センター TEL 0120-119-110)で24時間365日対応いたします。
Q2 事故が発生したが、どのような手続きをするのか教えてほしい。
A2 各保険種目毎の所定の事故報告書にご記入のうえ、弊社までFAX(03-3258-8878)にてご連絡をお願い致します。報告書用紙がお手元に無い場合は、全福サービスホームページからダウンロードしてご使用ください。
いただいた事故報告書を保険会社の事故処理のサービスセンターへ連絡致します。その後、保険会社の担当者より連絡が入りますので、担当者の指示に従い、保険金請求の手続きを進めてください。
Q3 保険金の支払いについて、免責、免責金額が定めてありますが。どういう意味ですか。
A3 「免責」とは、保険契約において一定の定められた事項(免責事項)については、保険金が支払われない場合をいいます。例えば、契約者の故意による損害の発生、戦争による被害等を指します。(パンフレット、保険約款に記載されています。)
「免責金額」とは、保険契約に定める事故が発生した場合、被保険者が自己負担する金額として契約時に設定する金額をいいます。従って、損害額が免責金額以下であれば保険金は支払われません。
Q4 告知義務とは何ですか。
A4 保険契約を締結する場合、保険契約者又は被保険者となる者は、保険者(損害保険会社)が告知を求めたもの(告知事項)について、事実の告知をしなければならないとされています。保険の種類ごとに保険申込書等に保険会社が告知してほしい事項が記載されていますので、事実に基づき記入しなければならないことになっています。
告知事項について、契約者又は被保険者が告知事項について、故意または重大な過失により事実の告知をせず、または事実と異なることを告知した場合は、保険会社は契約を解除し、保険金を支払わない場合があります。
Q5 団体保険と団体扱保険の違いは何ですか。
A5 「団体保険」とは、同一企業内や同業者の団体に属する従業員、構成員及び家族等を被保険者として当該企業や団体が保険契約者となって締結する保険契約のことです。
「団体扱保険」とは、企業・団体に属している従業員、構成員が個々に保険契約者となり、企業・団体は保険料の徴収にのみ関与し、給与天引きなどにより保険料を一括して支払う保険契約をいいます。
Q6 保険料(東京海上の保険全般)の改定は、毎年いつ頃分かりますか。
A6 保険料は、様々な要因で改定されますが、改定され次第、公表されます。
Q7 保険料を郵便局から振り込む場合、10万円を超える場合どうすればいいですか。
A7 郵便局での10万円を超える振込みは取引時確認が必要になります。
振込取扱票を使用する場合は、10万円以下に分割してお振込みしてください。
なお、銀行及びネットバンキングでのお振込みもご利用いただけます。
Q8 電話・FAXの番号が変わったとき、保険料振替口座を変更するとき、契約を解除するときはどうすればいいですか。
A8 変更になったとき速やかに電話、FAXにてご連絡いただければお手続きさせていただきます。
Q9 法人の代表者が変更になった場合や所在地等が変更になった場合、手続きはどのようにしたらいいのか。
A9 弊社のホームページから「変更届」をダウンロードして必要事項を記載の上、FAX(全福サービス 03-3258-8878)してください。

個別加入の火災保険・地震保険

Q1 自宅を火災保険・地震保険に加入したいのですが、手続きはどうしたらよいのでしょうか。
A1 弊社ホームページの「資料請求等」からご請求ください。加入に必要となる資料一式をお送りいたします。
Q2 火災・地震保険は木造と耐火建設で保険料が異なりますか。
A2 木造など燃えやすい構造の場合、保険料は高くなります。
保険料は、建物の構造級別と所在地によって区分されています。
詳しくは、弊社ホームページの「資料請求等」から見積り請求してください。
Q3 遺産相続した田舎の両親の家(空き家)に火災保険は掛けられますか。
A3 空き家は、専門住宅物件、店舗併用住宅物件以外の「一般物件」として加入することができます。弊社ホームページの「資料請求等」から見積り請求してください。
Q4 火災保険の賠責と職業協会団体生活総合保険の賠責と補償の範囲は異なるのか。
賠責は1つ入っていればいいと思うがどうですか。
A4 火災保険の特約としての個人賠償責任補償を付帯する場合と、団体総合生活保険の賠償責任補償の補償範囲はほぼ同じですので、どちらか一方にご加入ください。
仮に、二重に加入しても同じ補償限度額であれば両保険で1/2づつ補償されることとなり、2倍(二重)の保険金は支給されませんのでご注意ください。

インターネット利用

Q1 インターネットで加入できる保険の具体的手続き及び事故等の報告如何。
(申込→契約→保険料納付→契約書等の具体的流れを示してほしい)
A1 「eサイクル保険」「ちょいのり保険」「ゴルファー保険」「海外旅行保険」の商品があります。これらは、インターネットで申込から契約まで可能です。
保険料の支払方法は、クレジットカード、コンビニエンス支払いがありますが、商品によりクレジットカードだけで取扱うものがありますので、事前に確認していただくようお願いします。
Q2 全福サービスの受付時間は平日の9時から17時までである。
土日、休日、時間外でも質問、資料要求などに対応することはできますか。
A2 営業時間外は、弊社のホームページの「資料請求等」でダウンロードできますので、是非ご利用ください。また、「よくある質問」を掲載しておりますのでご参考にしてください。なお、ご不明な点があれば、恐れ入りますが営業時間内にお電話でお問い合わせください。
Q3 全福サービスのホームページはスマートフォンで利用できますか。
A3 弊社のホームページはモバイル機能をもたせており、お手持ちのスマートフォン等でご利用可能です。